TOP

風俗が今アツい!風俗嬢の優しさに惚れているオレが届ける風俗体験談。

鶯谷エリアのデリヘル店の価格でわかること

東京都台東区にある鶯谷駅は風俗業界の中でも一目置かれる程デリヘル店が栄えているエリアになります。鶯谷エリアでデリヘルを利用する際にそのお店のサイトを探しますが、よく目立って出てきているのが人妻系のデリヘル店になります。もちろん一般的なデリヘル店も多数あり、人妻系のジャンルの他にぽっちゃり系や巨乳系、女子大生系、韓デリ系などのアジアンデリヘル店もありますので鶯谷だけでも十分に風俗を楽しむことが出来ます。鶯谷のデリヘル店の相場としては¥13,000前後ではないでしょうか。デリヘルの激戦区でもある鶯谷では価格競争も激しい事が感じ取れます。価格としては¥10,000前後で遊べる風俗店も多いのですが、その中でも¥20,000以上するお店もあり質の高さを誇示するお店もあるので、そういったお店はお客に対してアピールをしているかもしれません。お客さんの中には上質な女性やサービスを求めて価格で判断している方も少なからずいるかと思いますので、風俗店の利用料金は一つの判断材料になるのではないでしょうか。デリヘル店で懸念されるのは料金に見合ったサービスや質が高くない事で、フリー指名をする方も多くはありません。誰も地雷を踏みたくないので写真からしか確認できませんが、それを頼りに自分好みの女性を指名して利用します。それでも自分の意に反する女性が来ることもあり、デリヘルに関しては実際に会ってみるまではわからないということです。その点踏まえると鶯谷エリアのように価格帯にバラツキがあって価格で質の高さを謳うのも良いかもしれません。高級デリヘルではジャンルと価格で確かな質とサービスを提供しています。デリヘルの価格はお客に少し安心感を与える指標になりますので、そういったお店が鶯谷のみならず各エリアに1店舗はあってもいいかもしれません。最近ではどのエリアでも格安・激安風俗店が増えてきており、誰でも気軽に利用できる風俗店を目指して拡大している風俗店があります。通常では1万円単位になってしまうデリヘルも激安デリヘル店の場合だと1万円以内で遊べてしまうこともあるのです。しかし、先程話したように価格は安心感の指標です。価格が安い分、ハズレを引く可能性も大いにあるのです。鶯谷エリアでも最近では激安系のデリヘルが増えてきているので今後の鶯谷エリアでの風俗事情がどう変わってくるか見ものです。


無言のプレイ

今回遊んだデリヘルの女の子はとにかく無口な人でした。デリヘルは風俗ですから、最終的には気持ちよくなればいいんですが、やっぱり多少の愛嬌も期待していました。ドアを開けてやってきた女の子は最低限の話しかしませんし、一緒にシャワーを浴びているときも少し気まずい感じがしました。今はあまり会話が弾みませんが、ベッドの上ではもしかしたら、積極的になるのでは……。そう期待していましたが、その期待も外れることになります。ベッドの上でも無言で、愛撫をしても気持ち良さそうな反応をしてくれません。マグロ状態とまではいいませんが、あまり積極的な感じが伝わってきませんでした。正直な話ですが、ここまでされうと自分でもどうすればいいのかわからなくなってしまいます。しかし、プレイ料金を返してくれというわけにもいかず、なんとか一回戦を終了することができました。それでも続けて行う気もなかったので、女の子に早めに切り上げてもらうことにしました。


大塚のピンサロはどこが良い?

『大塚のピンクサロンはどこが良いのか?』これを決めるのは非常に難しいです。というのも大塚を含め、東京都23区で北西部に位置する風俗というと本番アリが当たり前というような噂を良く聞くほど人気の高いエリアだからです。少し移動してしまえばそこは本場の風俗街である豊島区池袋です。非常に競合性の高いエリアが近くにありつつも大塚は存在感があります。その理由はピンサロ発祥後と言われるほどピンクサロンに関しては歴史があるからです。多くのファッションヘルス・ホテヘル・デリヘルを有する池袋に対して、大塚はピンサロ店が非常に多く密集して存在しています。つまり、大塚はピンクサロン専門のヘルス街と考えてしまうと分かりやすいでしょう。ですので近隣の地域の風俗を求めている男性でピンサロを利用したいと考えている人がいれば、迷うことなく大塚に向かうというわけです。しかし、位置関係的には非常に近距離で隣接している地域である為、ひとくくりに池袋にしてしまっても良い気もします。しかし、多くのポータル情報サイトなどでは、「東京都の豊島区にある大塚」というような小カテゴリー的な扱いは受けておらず、『池袋』『大塚』と明確に別れています。それだけの質とサービスと人気があるのでしょう。もちろん23区北部ですので格安・激安を売りとしたヘルスが主流というのもポイントかもしれません。23区北部といっても池袋は大都市です。格安・激安が似合う場所ではありません。ですので、「ピンサロは大塚」「人妻ヘルスなら日暮里」「人妻デリヘルなら鶯谷」という激安エリアに加味されているのでしょう。当然、客層も違いますし求められるサービスも違います。そういった意味で、近場の地域とは差別化ができているのでしょう。故に、大塚といおう小さな町であっても、ピンクサロン一本で盛り上がっていけるのでしょう。